GMF-まったり更新の趣味ブログ

基本的にプラモデル(主に30MM)を、時々ガチャガチャの小物だったり、食玩プラモやフィギュアを取り扱っているブログです。レビューの他にカスタム例なども紹介しています!

【ガンプラ】HGBD ガンダムアニマリゼ レビュー

どうも、マカセです!

今回は、ガンダムビルドダイバーズシリーズより、HGBD:Rガンダムアニマリゼを見ていきますよ!

 

f:id:imasala:20201028202910j:plain

 このアニマリゼは、ロゴを見ていただければわかるかなとは思いますが、BD:Rの外伝作品の主人公機となっているものです。なんでも、偶然見かけたヒロトの機体を参考にして組み上げているのだとか。

 

…というか、中身のコアガンダムとかほぼそのままなので、どちらかと言えばパK…

 

それではレビュースタートです!

 

 パッケージ・付属品

f:id:imasala:20201026161748j:plain

パッケージ。

見た感じでは、トライオン3などのような勇者系というか、特撮や別のロボットアニメから来たかのような雰囲気すら持っているような感じがしますね。

 

f:id:imasala:20201026161758j:plain

説明書。表にはパッケージアートのほか、機体やパイロットの解説がかなり詳しく掲載されています。

 

というかパイロットのリゼってELダイバーだったのか…

 

f:id:imasala:20201026161804j:plain

ホイルシール。

動物のような感じの絵柄があるのが面白いですね。

 

HGBD コアガンダムリゼ

それではまず最初に、中核となるコアガンダムリゼから見ていきましょう。

…とはいっても、通常のコアガンダムとの違いは頭部、バックパックの形状くらいなので、ヒロト製コアガンダムをお持ちの方は読み飛ばしてしまっても大丈夫です。

f:id:imasala:20201026161824j:plain

全体像。

基本的にはノーマルのコアガンダムと変わらないっぽいですが、アンテナとフェイスパーツの形状が変わっています。フェイスパーツは、ガンダムF91のフェイスオープン状態のような、どちらかといえば人間の顔に似た感じの造形になっているようです。

 

これに関しては、パイロットであるELダイバーのリゼが、現実世界で活動するためのMDとして使用していることも理由なのかもしれませんね。(つまるところ、これはモビルドールリゼでもあるということ…!)

 

f:id:imasala:20201026161832j:plain

後から。

バックパックの造形はノーマル版とは微妙に違い、装備できるサーベルが1本だけになっています。その1本もなかなか目立つ色と造形になっていますね…!

 

コアガンダム可動域

f:id:imasala:20201026161839j:plain

腕回りの可動域。

肩はそこそこ上げることができ、肘はおよそ90度ほど曲げることができそうです。

 

f:id:imasala:20201026161851j:plain

開脚。

関節が干渉するせいか、あまり開くことは出来ませんでした。

 

f:id:imasala:20201026161858j:plain

前後開脚は180ど開くことができるようになっています。

これは凄いな…

 

f:id:imasala:20201026161907j:plain

コアガンダムに付属するビームライフル(ビームガン?)もちゃんと付属しています。これもしっかりヒロト機からコピーしてるのは逆にすごいな…

 

f:id:imasala:20201026161912j:plain

射撃ポーズ。

コアガンダムにはちょっとデカすぎるかなと思いましたが、動かしてみると案外似合っている…!!

 

f:id:imasala:20201026161936j:plain

ビームサーベル用にクリアグリーンのサーベル刃が付属。これをつけるとかなりいい感じになりますね。

 

f:id:imasala:20201026161940j:plain

ただやっぱり柄は長すぎるんじゃないかなぁ…(というか、ちょっとだけ延長されているかのようなデザインですね。あえてこうしているんでしょうか?)

 

f:id:imasala:20201026161947j:plain

サーベル刃のほかには、ビームウィップとしても使用可能であるようで、そちらのエフェクトパーツも付属。

 

f:id:imasala:20201026161951j:plain

振り下ろすコアガンダムリゼ!

サーベルの柄が丸軸じゃなくて角ばった形状だったら、もっといろいろな持たせ方をして遊べそうだったんですけどね…残念(この柄のように丸いものだと、手の中でくるくる回転してしまってポージングがやりづらいのです…)。

 

f:id:imasala:20201026162038j:plain

ガンダムアニマリゼ用の手足パーツ。

このパーツ1つ1つには動物の力が宿っているようで(浮かび上がっている赤いライオンなどが例。このほかには、金のトラ(?)青い狼緑の熊があります)、

 

f:id:imasala:20201026162046j:plain

そしてこれ、1つ1つがファンネルなどのように各自自由に動かすことができるサポートメカになっているのだとか!

 

しかも自我を持っているようで、少しでも甘やかすと勝手に行動してしまうらしいです…笑

 

なんだかすごいアーマーですねコレ…(ちなみにリゼは制御に苦労しているらしいです)

 

アーマーを装着していく!

それでは、コアガンダムリゼにアーマーを装着していきましょう!

使用するのは以下のパーツ。

f:id:imasala:20201026162058j:plain

そこそこパーツ点数は多いですね。 

ちなみに後ろにあるアーマーフレームのようなものは、余剰パーツとして付属しているものなので本来は使用しないことになっています。…が、組み立てると普通にアーマーを装着して収納することができます。これはありがたい…

 

f:id:imasala:20201026162107j:plain

アーマーを装着するにあたり、腕を引き出して…

 

f:id:imasala:20201026162113j:plain

足を折りたたむ、といった動作が必要になります。

(腕を引き出すと、胸部装甲を装着できるスペースが、足を折りたたむと脚部を装着できるジョイント受けが出てきます。)

 

f:id:imasala:20201026162131j:plain

腰回りにアーマーを装着。

 

f:id:imasala:20201026162136j:plain

バックパックにも拡張パーツを装着していきます。

 

f:id:imasala:20201026162140j:plain

胸部装甲は、斜め下から滑りこませるようにして白いアーマーを装着し、

 

f:id:imasala:20201026162146j:plain

続いて上から黄色いアーマーを装着します。

 

f:id:imasala:20201026162153j:plain

肩にあるスリットを使って肩アーマーを装着…

 

f:id:imasala:20201026162159j:plain

腕とハンドパーツの間にアーマーを挟み…

 

f:id:imasala:20201026162208j:plain

脚部を装着し…

 

f:id:imasala:20201026162212j:plain

アンテナをつければ…!

 

f:id:imasala:20201026162320j:plain

換装完了!ガンダムアニマリゼ爆誕!!

 

 

HGBD ガンダムアニマリゼ

というわけで、続いてはアニマリゼ形態を見ていきます。

 

f:id:imasala:20201026162324j:plain

f:id:imasala:20201026162330j:plain

全体像。各部にアーマーを接続したことで、よくあるリアルタイプの等身へと変化。おもに黄色いパーツでとげとげしい感じを醸し出していますね。そして相変わらずサーベル目立つ…!

 

個人的に思ったのが、ヒロトの機体を参考にしたからか、なんとなくアースリィガンダムっぽくも見えてくるから不思議だなぁ、ということでした。

 

ガンダムアニマリゼの可動域

f:id:imasala:20201026162337j:plain

アーマーが装着されたことで、一部ですが可動域が狭くなってしまっています。

肩の上り幅なんかがその例となっています。

 

f:id:imasala:20201026162347j:plain

左右開脚は特に変化はなし。

 

f:id:imasala:20201026162352j:plain

前後開脚は、リアアーマーが思いっきり干渉しているためほとんど動かせなくなってしまいました。これはちょっと困るかなぁ…

 

ポージング

f:id:imasala:20201026162357j:plain

手の爪で攻撃!

光の当て方次第では、黒いクリアパーツから動物の紋章が浮かび上がるのがまた面白いですね…!

 

f:id:imasala:20201026162358j:plain

サーベルを装備。

コアガンダムでは長く感じましたが、アニマリゼ形態では割とちょうどいい感じにも見えますね。

 

f:id:imasala:20201026162405j:plain

斬りかかるアニマリゼ!

一部可動域が狭くなっているのは先ほども書きましたが、意外とポージングが阻害されていますね…ちょっと困るなこれは…

 

f:id:imasala:20201026162416j:plain

ちなみに、ライフルにも強化パーツがあります。それがこちらの白いやつです。

これの後ろ部分にライフルを突っ込めば…

 

f:id:imasala:20201026162423j:plain

このようにロングバレル(?)のライフルへと進化します!

ライフルというにはギザギザトゲトゲしてますね…これで直接殴っても強そう…笑

 

 

f:id:imasala:20201026162432j:plain

ライフルとシールドを構える!

ちなみにシールドは、左腕に接続されている、ドラクエのロトの剣の鍔のような形状のやつです。

 

これ見れると、シールド改造してロトの剣作れるのでは?と思ってしまいますね!

 

f:id:imasala:20201026162436j:plain

ライフルを構えて。

このポーズは、個人的にはコアガンダムにやらせた方がいいような気がしてきました。

 

 

余剰パーツ

本キットからは、余剰パーツが発生しますので、そちらも紹介していきます。

f:id:imasala:20201026162511j:plain

主に出てくるのは、ノーマルのコアガンダムを組むために必要なフェイスやアンテナ、、バックパックなどのパーツに加え、プラネッツシステム関連(アーマーフレーム?など)のパーツが付属。かなり多い…!

 

f:id:imasala:20201026162517j:plain

そして、どういうわけかクリアカラーの装甲パーツがゴロゴロ余ります。

多分アースリィガンダムあたりの装甲だと思うんですけどどうなんでしょうかね??

 

何か使いまわせる機体があったら、その機体の装甲をこれと置き換えてクリア化してしまうことも出来そう!

 

 

HGBD コアガンダム(レッド)

そしてこれも隠れた目玉!余剰パーツを使用することで、コアガンダムリゼではなくノーマルのコアガンダムのレッドカラー版を組むことができるようになっています!

f:id:imasala:20201026162509j:plain

個人的には、リゼ版よりも、このAGE-1っぽい感じのフェイスやアンテナの方が好きなので、こっちも組めるのは本当にうれしいです!

 

f:id:imasala:20201026162515j:plain

ライフルの他に、余剰としてシールドも付属しているので、これを同時に使ったポージングも可能!

 


f:id:imasala:20201026162522j:plain

困ったときの種ポーズ。

コアガンダムはかなりよく動くので、ポージングがかなり楽しいですね!

 

f:id:imasala:20201026162551j:plain

ちなみに、ノーマル版コアガンダムにも、アニマリゼのアンテナと…

 

f:id:imasala:20201026162554j:plain

バックパックが接続できるため、ヒロト製コアガンダムも、何の問題もなくアニマリゼアーマーを装備できるということになりそうです!

 

これはいいな…できれば他のコアガンダムも集めたいなぁ…

 

終わりに

 以上、HGBD:Rガンダムアニマリゼのレビューでした。

アニマリゼのアーマーと装着状態は思いのほかカッコいいなと思ったのですが、個人的には、「赤色のコアガンダムが手に入る」という所の方が大きいのではないか、と思いました。

 

というのも、コアガンダムやそれを使用する機体のキットは、どこを見ても売り切ればかりで、後継機のコアガンダムⅡも含め、現在では入手困難となってしまっています。そんな中で、なぜかこのガンダムアニマリゼはAmazonやガンダムベースなどを含め、売れ残っている所がかなりあったのです。ということは、コアガンダム1でもいいからほしい!という方は、このアニマリゼを探してみるといいかもしれませんね。

 

それでは今回はこの辺で。皆さん良いプラモライフを!