いまさら始める趣味の道

基本的にプラモデル(主に30MM)を、時々ガチャガチャの小物だったり、食玩プラモやフィギュアを取り扱っているブログです。レビューの他にカスタム例なども紹介しています!

【30MM改造】#2 砂漠都市戦を駆け抜けた過去のギガンテクス達!

どうも、マカセです!

今回紹介していくのは、前回紹介しましたギガンテクスの前身となった機体たち!

そのうち、今回は3機分を選んで紹介していきます。

 

それではさっそく始めていきましょう!

 

【目次】

 

これぞ元祖!ギガンテクス・ノヴァ

f:id:imasala:20200623222834j:plain

最初に紹介していくのは、ギガンテクスシリーズで一番最初に組み上げた【ギガンテクス・ノヴァ】。まさに元祖!といえる機体です。公式戦用というのもありますが、大幅なカスタムを加えて作り上げた初めての機体でもあるため、こんな画像まで用意していました(’ω’)

 

…実のところ、もともと空戦アルトをベースに作っていたものを、砂漠都市戦向けにブラウン装甲に張り替えただけの部分もかなりあります(’ω’)そちらの機体は、写真が見つかれば次回あたりにでも紹介していこうと思います。

f:id:imasala:20200623222519j:plain

素立ち。

空戦アルトをベースにしたというだけあって、頭以外はほとんど連合機のパーツが使われています。(Nシティ(公式戦:市街戦の舞台となった地球の町。バイロンが勝利し占領中)で奪った設計図を基にした、という設定にしているためということもあります)

接続方法は異なりますが、最新型でも取り入れている大型バインダーは、この時に始めて使い始めたものになります。

 

f:id:imasala:20200623223507j:plain

メインウェポンはこちら。

個の武装は、この作戦の前の戦いである密林戦にて、メアリーさんという作者さんが制作された【グッドアンサー】という武装がもとになっています(というか、手持ちのパーツで完全再現できなかったので、別のパーツで代用して作ったのでした)

 

グッドアンサー↓

 

 

 

f:id:imasala:20200623222739j:plain

グッドアンサーを担いでみる。

大迫力でカッコいい武装ですね…いつ見てもこれは凄い…

形はいろいろ変わっていますが、今でもメインウェポンとして装備することもしばしばあります。

 

f:id:imasala:20200623222750j:plain

ちなみにグッドアンサーは、密林戦で入賞している作品でもあります。

その影響かメアリーさんの人気が爆発的に上昇、多くの作者さんが熱狂していたのを思い出します…

 

…僕ですか?ファンクラブ番号26番をいただいて一緒に叫んでました(’ω’)

(銃身の26はその番号を指しています)

 

f:id:imasala:20200623222749j:plain

この作品は砂漠都市戦終了後もじわーーーーっといいね&RT数が伸び、最近いいねが3桁突破していました。これでも当時の渾身の作品だったのでうれしい…

 

投稿当時のツイートはコチラ。

 

改修完了!ギガンテクス・フォルティシモ

f:id:imasala:20200623223155j:plain

続いては、ギガンテクス・ノヴァの改修機、【ギガンテクス・フォルティシモ】です。

 

ギガンテクス・ノヴァを改修するほんの1、2日前にラビオットが発売したのですが、

中々ゴツくてカッコいいパーツが多かったので気に入ったのですが、バイロン機を作る以上使うのが難しい…と悩んだ末、ギガンテクスに組み込むことで何とかした、という機体です(’ω’)

 

 

f:id:imasala:20200623223157j:plain

 

一部武装も追加されていますが、ここでの改修は、装甲を盛ることによる防御力アップと、推進系の増設による機動力アップとなっています。

 

グッドアンサーは続投、一部機体カラーに青系の色が追加されています。

f:id:imasala:20200623223215j:plain

頭部横には推進用ユニットとミニガンを増設。

肩にもミニガンを増設し、手数勝負のようなことも出来そうな感じです。

 

f:id:imasala:20200623223209j:plain

グッドアンサーを構えてとびかかる!

重めの武器になるので手首のヘタりが心配だったなぁ…

 

f:id:imasala:20200623223211j:plain

肩のバインダーで体当たりしてるような感じ。

あのパーツ、普通に防御力も高そうなので、そのまま体当たりしたり殴るのに使ってもなかなかいいダメージを叩き出せそうです。

 

当時のツイートはコチラ↓

 

 

簡潔に、されど豪快に!ネオ・ギガンテクス

f:id:imasala:20200623223327j:plain

今回ラストはこちら、【ネオ・ギガンテクス】。

ごちゃごちゃしていたギガンテクス・フォルティシモをベースに、装甲や装備類を整理して見た目をすっきりさせた機体になります。

 

とはいえ、単にすっきりさせただけではなく、肩を大型化して強そうなイメージを出せるように頑張ってみたり、更に武装を追加したりと強化要素も盛り込んでいます。

 

f:id:imasala:20200623223331j:plain

その中でも目玉がこちら。

ラビオットのオプションアーマーにあるサブアームを使用し、グッドアンサーをもう一本制作・搭載しています。

 

f:id:imasala:20200623223444j:plain

追加したグッドアンサーはこんな感じ。

持ち手部分はやはりパーツ不足だったため、ありあわせでくみ上げています。

 

 

f:id:imasala:20200623223431j:plain

両手にグッドアンサー!

これもカッコいい…しかし、やはりというかなんというか、かなり重めの武装なので、やはり手首や腕の負担もすごいです。

 

サブアームを追加して負担を分散できるようにする、などといった改修がいるかも?

 

当時のツイートはコチラ↓

 

 

まとめ

以上、ギガンテクス系列機3種類の紹介でした。

こうしてみてみると、僕が以前どんなカスタムをしていたのかなどといったことの振り返りにもなっていますね… 

今回の振り返りでも新装備の基礎になる部分をいくつか思いついたので、たまにこんな感じで過去作を見てみるのもいいかもしれませんね。

 

何か質問等ありましたら、Twitterの紹介ツイートなどに書き込んでくださればお答えできますのでよろしくお願いしますー


それでは今回はこの辺で。またお会いしましょう!