いまさら始める趣味の道

基本的にプラモデル(主に30MM)を、時々ガチャガチャの小物だったり、食玩プラモやフィギュアを取り扱っているブログです。レビューの他にカスタム例なども紹介しています!

【FAガール】バーゼラルド(フィギュアジャパン限定カラー)素体レビュー


マカセです!

今回は、メガミデバイスのロードランナー武装紹介…の前に、先に組みあがっていたFAガールのバーゼラルド(フィギュアジャパン限定カラー版)の紹介を挟んでいこうと思います!

 

本キットは、フィギュアジャパンより発行されていた冊子の付録のような形で入手できるキットになっていまして、商品のジャンルとしてはプラモデルではなく書籍扱いになっているんだそうです。本屋とかでも手に入ったということなのかな?

 

このキットの他には、フレズヴェルク=ルフスやメガミデバイスの弓兵の限定カラー版などといったキットが、同様のやり方で販売されています(ルフスなどもう販売終了しているものも多いです。)

 

前置き(?)がちと長くなってしまいましたが、そろそろレビューに入っていきましょう!

 

【目次】

 

パッケージ・付属品

f:id:imasala:20200423105038j:plain

内箱。デザインは一般販売されているキットとほぼ同じような感じになっています。一般販売品の箱はつや消しのマットな感じのコーティングがされているのですが、このキットの箱には特にそういったコーティングはされていないようです。

 

f:id:imasala:20200423105049j:plain

説明書。

限定版だからといって何か特殊な変化があるかといえば、別にそんなことは無いようです。(色は変わっていますが)

 

f:id:imasala:20200423105113j:plain

マーキングデカール。目の部分は一つだけ使っています(後ほど紹介します。

水転写式になっているので少し貼るのは難しいですが、貼ると自然な感じでディテールアップすることが出来ますね。

 

f:id:imasala:20200423105600j:plain

顔パーツ。

通常顔と叫び顔の目線違いがそれぞれ2つ、計4つのパーツが付属します。

 

f:id:imasala:20200423105615j:plain
そして嬉しいことに、本キットには印刷無しの顔が6個付属。キット付属のものの他、他のFAガールやメガミデバイスなど、様々なキットに付属するアイデカールを使って好きなデザインの顔パーツを作ることが出来ます。


全体像

f:id:imasala:20200423105824j:plain

全体的にバニーガールのような姿をしているのは通常版と変わらず。

髪色が黒、メインカラーが赤になったことで、どこか大人っぽさが出ているようにも思えます。

 

f:id:imasala:20200423105834j:plain

後ろ姿。今回はメガミデバイスの台座を使ってます。腰裏にはこういった台座や武装パーツを接続するための3mm穴が用意されています。また、穴をふさぐためなのか、バニーガールっぽさをより強調するためなのか(もしくは両方?)、うさぎの尻尾パーツも付属します。


頭部

f:id:imasala:20200423105948j:plain

続いては頭部の紹介。

顔パーツのデザインは通常版と変わらないようです。

赤いうさ耳っぽいパーツは、立っている状態のものと倒れている状態の2種類が付属。

画像のように2つを組み合わせて使用することも出来ます。

 

f:id:imasala:20200423110313j:plain

後ろ髪は、後頭部の白いパーツを軸にして稼働します。

 

胸部

f:id:imasala:20200423110829j:plain

胸部パーツ。

大きさは控えめで、原型機のバーゼラルドにあった胸部のバーニアが、黄色いリング状のデザインとして取り入れられているようです。うまい生かし方だなぁ…

 

腕部

f:id:imasala:20200423111019j:plain

腕部パーツ。赤を基本色とし、白い装甲と黄色いバーニアが装飾としてついています。

 

脚部

f:id:imasala:20200423111102j:plain

 脚部パーツは、ほぼ全面が網タイツのような黒めの成形色となっています。それに加え、足の赤いハイヒールがさらにバニーらしさを引き立てるポイントになっていますね。

可動域

f:id:imasala:20200423111253j:plain

肩の可動域はなかなか良い感じです。他のガールたちと同じくらい上げられるようですね。

 

しかし、足の左右方向の開脚は写真の状態にするのが精いっぱいという、まさかの可動域の狭さ…!ここを動くようにするには、パーツを削るなど改修がいりそうですね。

 

f:id:imasala:20200423111322j:plain

ちなみに前後方向の可動は、左右方向の可動域が何だったのかといいたくなるくらい素晴らしい可動域を持っています。上がりすぎじゃないかな?

 

f:id:imasala:20200423111341j:plain

肘の可動域。

これくらい動かせれば十分ポージングも取れそうですね。

 

f:id:imasala:20200423111346j:plain

膝の可動域。こちらもなかなか良い感じの可動域となっています。

前後の可動と組み合わせることで正座ポーズなんかも出来そうですね。


まとめ

今回は素体モードの紹介なので、このあたりで一旦終了です。

足の左右方向の可動など気になる部分はもちろんありますが、バニーガールっぽさを醸し出す全身のデザインと限定版ならではの赤色が合わさって生まれる、どこか大人っぽい感じなんかが良いなと思いました。バーゼラルドは、他のガールにはない造形のパーツになっているのもなかなか良いポイントです。(組み換えなんかにはちと使いづらかったりするんですがね…)

 

武装モードの紹介はまたの機会に。(まだロードランナーの武装紹介してないですし)

またお会いしましょう!