いまさら始める趣味の道

基本的にプラモデル(主に30MM)を、時々ガチャガチャの小物だったり、食玩プラモやフィギュアを取り扱っているブログです。レビューの他にカスタム例なども紹介しています!

【ガンプラ】HGドム試作実験機 レビュー

30MMで密林戦のコンテストが始まっていますが、前回のバルバトスに続いてまたまたガンプラのレビューやっていきます!(30MMやりたいけどもう在庫無いのですね…)

 

今回レビューしていくのは、機動戦士ガンダムオリジンより、HG ドム試作実験機です。

 

僕自身、オリジンのガンプラは今まで一度も組んだことが無かったので、構造やディテールなど、どんな感じになっているのかも一切知らなかったので、組み立てるのもかなり新鮮味があって良かったです。(ついでにドムを組むのも初めてだったりする)

 

それではレビューに入っていきましょう!

 

 

 

パッケージ・説明書

f:id:imasala:20200302130200j:plain

まずはパッケージ。

パッケージの絵では、地上型で運用されている様子が描かれています。(違いは胸部パーツくらいなものですが…)今回はパッケージ絵のものではなく、宇宙型で組み立てています。

 

しかし今回の目玉ともいえるビームバズーカですが、見た感じ普通のバズーカより重そうなんですけど、地上で使えるような代物だったんでしょうか?

 

f:id:imasala:20200302130216j:plain

説明書。

機体や武装の紹介、組み立ての手順など基本的なことが書いてあるごく普通の説明書で、特に面白そうな部分はありませんでした。

 

f:id:imasala:20200302130602j:plain

機体各部のマーキング用のシールが付属。 

今回も一旦こちらを使わずに組み立てています。

 

f:id:imasala:20200304195504j:plain

付属する武装。

ビームバズーカとヒートサーベルの2点だけになります。

 

しかしビームバズーカでっかいなぁ…(ヒートサーベルは長めのビームサーベルとほぼ同じような感じです。)

 

f:id:imasala:20200304195146j:plain

その他の付属品として、右の銃持ち手、左の平手が付属します。

 

ドム試作実験機(宇宙仕様)

f:id:imasala:20200304195508j:plain

 完成品。なんとなーくザクっぽくも見えるなと思ったら、宇宙用はザクの胴体をベースにしているということでしたね…

 

ドムのがっしりとした力強いシルエットがしっかり表現されています。連邦機とは違って、足回りのパーツがどれも大きめになっているのがまた良いですねー!ちなみに地上

 

…よく考えたらドムどころか、ジオン系機をほとんど組んでいなかったので、個人的にはかなり新鮮な感じがしました(組んだことあるのはザクⅢくらいですかね…)。

 

f:id:imasala:20200304195515j:plain

後ろから。

バックパックなども含め、思いのほかシンプルな見た目です。

 

f:id:imasala:20200304195601j:plain

肘・膝の可動域。

でっかくて動かしにくそうな見た目に反し、めちゃくちゃよく曲がります。

 

 

f:id:imasala:20200304195557j:plain

肩の可動・開脚。

こちらも思ったよりもはるかによく動いたのでびっくりです。

 

ただ注意点として、足をこれ以上開こうとすると、開くことこそできるものの、サイドアーマーと干渉してしまい、サイドアーマーが外れてしまうことがありました。

 

…まぁ、これくらい動けばポージングなどには困らないような気もするので良いのかもしれませんが(’ω’)

 

f:id:imasala:20200304200041j:plain

頭部、胸部の動力パイプは軟質パーツが使われています。

ちなみにこの軟質パーツ、最初まっすぐになっているものを折り曲げながら設置していくようになっているのですが、この折り曲げるようになっている部分がめちゃくちゃ脆く、すぐに切れてしまいます。(僕の場合、頭部右側のパイプが切れてしまっています)組む際は慎重に…(’ω’)

 

 

f:id:imasala:20200304201246j:plain

足の装甲裏にはバーニアが2基、別パーツで設置されています。

 

足の裏の肉抜きは無いです。

 

f:id:imasala:20200304201256j:plain

バックパックにはヒートサーベルを装備することが出来ます。

 

f:id:imasala:20200304201306j:plain

フル装備させてみる。

フル装備とは言っても、させてみる。サーベルをバックパックに差し、バズーカを持たせるだけなので、簡単にこの状態を再現することが出来ます。

 

f:id:imasala:20200304200819j:plain



バズーカを構える。

中々の重量なので手首のへたりが心配ですが、グリップ部分が稼働するので、これを駆使して肩に乗せて手首への負担を軽減するなどといった工夫が出来そうです。

 

f:id:imasala:20200304200922j:plain



ヒートサーベルも同時に装備してみる。

このヒートサーベルはもとから赤いパーツなので、赤熱化してない時がどんな状態になっているのかはよく分かりませんが、熱を帯びて光っている様子をどうにかして再現してみたいなーと思ったり…(’ω’)

 

f:id:imasala:20200304201024j:plain



平手を添えてみる。

使い方として良いのかわかりませんが、これはこれで様になっているのではないかな?と思います。

 

f:id:imasala:20200304201323j:plain

何となく、ガンダムバルバトスのメイスを持たせてみたところ、思いのほか似合っていてびっくりしました。(そもそも鉄血武器を装備できたことも驚きでした)

個人的に今回一番気に入っているシーンです(’ω’)

終わりに

以上、HG ドム試作実験機のレビューでした。

 

武装類は2点だけしかありませんでしたが、おそらく本キットの目玉である、でっかいビームバズーカがとてもカッコよく、これだけでも買ってよかったと思えるものになっていました。

 

付属のマーキングシールを機体各所に張り付けていくことで、もっと本体もカッコよく出来るかと思いますが、まずは折れたパイプ部分をどうにかして修理してみようと思います。