いまさら始める趣味の道

基本的にプラモデル(主に30MM)を、時々ガチャガチャの小物だったり、食玩プラモやフィギュアを取り扱っているブログです。レビューの他にカスタム例なども紹介しています!

30MM ポルタノヴァ(宇宙仕様)レビュー

どうも、マカセです!

 

今回は、バンダイより新たに(と言ってもシリーズ展開からだいぶ時間は立っていますが…)リリースされた30MMシリーズより、ポルタノヴァ(宇宙仕様)をレビューしていきます。

 

30MMシリーズが発表されたときは、ついにバンダイからもカスタム性バツグンのプラモデルが出るのかとかなりびっくりしたのを思い出しますね…(’ω’)

プラモデルを組みかえたりしてカスタムするのが好きだった僕としては、今までカスタムの自由度が高いシリーズがコトブキヤのフレームアームズくらいしかなかったので、そっちをよく組んでいたんですがね…(今もよく組んでますがw)

 

コトブキヤ製品って僕の行ける範囲の店には全くと言っていいほど取り扱いされてないので、気軽に買いに行けるこのシリーズの登場は凄い嬉しかったですね。

 

さて、前置きが長くなってしまいましたが、レビューに入っていきましょう。

 

 

 

 パッケージ・内容物

f:id:imasala:20200202210031j:plain

パッケージ。

マイナーチェンジ版ではあるものの、ノーマル機以外も徐々に発売されるようになってきていますし、ようやく30MMの世界観が広がりだしてきたのかな?と思わせる一品となっています(個人的な感想)。

 

この時点で既に、ノーマルのポルタノヴァからどこがどう変わっているのかがはっきりとわかるようになっていまね。

 


f:id:imasala:20200202205945j:plain

 説明書。ちょっとしたストーリーや機体の解説、他キットとのカスタム例などが書いてありますね。

 

ランナー紹介f:id:imasala:20200202210129j:plain

Aランナー。形状自体は他のポルタノヴァと何ら変わりはありません。

ただし成形色に関してはホワイト、グレー、透明クリアと、独自の配色になっていますね。

 

f:id:imasala:20200202211553j:plain

Bランナー。

成形色はブラック。これも他のポルタノヴァと変わらない部分になります。

 

f:id:imasala:20200202220816j:plain
f:id:imasala:20200202220841j:plain

宇宙仕様で新たに追加されたランナー。

左側の成形色はブラックで、ロングライフルとクローのパーツが収録されています。

右側の成形色はホワイトで、こちらは頭部やバックパックなど、宇宙仕様で形状変更されている部分のパーツが収録されています。

 

ボリュームからして、宇宙用ユニットみたいにして単品発売されてもおかしくはないよなーなんて思ったり思わなかったり…(’ω’)

 

実際に単品販売されたのは、アームユニットの方でしたね…( ˘ω˘ )

f:id:imasala:20200202220744j:plain

PCランナー。

ガンプラなどでも使われているタイプですね。


f:id:imasala:20200202221158j:plain

マーキング用のデカールも付属しています。

これは30MMだけではなく、ガンプラやメガミデバイスなどに使いまわしても良さそうな気もしますね。

 

30MM ポルタノヴァ(宇宙仕様)

f:id:imasala:20200202223359j:plain
f:id:imasala:20200202223418j:plain

完成品。

逆間接になっている脚部が特徴的ですね。

また、バックパックには使用しないノーマルの脚部をブースターとして再利用しているようです。使わない部品も積極的に取り入れているのは凄いなぁ…

 

f:id:imasala:20200202230636j:plain

付属品。

武装はクローとロングライフルが付属。サポートメカのロイロイもしっかり付属しています。

 

しかし武装これだけなのな…(’ω’)

 

f:id:imasala:20200202224302j:plain

今回使用していないパーツ。

ノーマル用バックパックや武装類がないので完全ではないですが、本体のみであれば、ノーマルのポルタノヴァを組むことが出来ます。

 

f:id:imasala:20200202223658j:plain

最初の写真では、脚部を折りたたんだ状態で撮影していましたが、ここは延ばすことも出来ます。

 

伸ばすとめちゃくちゃ身長が高くなるのも驚きなんですが、何よりもこの細い足でしっかりと自立出来ているというのがまた凄い。

 

f:id:imasala:20200202223907j:plain

肘は90度とちょっと動かすことが出来ます。

 

f:id:imasala:20200202224050j:plain
f:id:imasala:20200202224107j:plain

脚部をノーマルポルタノヴァのものへ換装してみる。

まずは膝裏関節を外し、その後C字ジョイントを引き抜くことで脚部を取り外します。

 

f:id:imasala:20200202224750j:plain

続いてバックパックからノーマル用の脚部を外し、先端をバーニア(?)から足パーツに替えて本体に接続。

 

f:id:imasala:20200202225626j:plain
f:id:imasala:20200202225654j:plain

ノーマル脚部に換装した状態。

バックパックへ宇宙用脚部を移動させてみましたが、これはこれでブースターとして使えそうですね。

 

f:id:imasala:20200202231604j:plainちなみにリアアーマーにはバックパックを接続できる3ミリ穴があり、宇宙用だと2つのバックパックを運用することが出来ます。

 

また、写真のようにバックパックの脚部を動かすことで、4脚状態を作ることも出来るのだとか。

 

ポージング

ちょっとだけポージング。

f:id:imasala:20200202231840j:plain

クローを装備させてみる。

クローはハンドパーツと入れ替える形で接続するようになっていて、かなり可動範囲は広くなっています。ただ、そこそこ重いのでヘタっていきそうで心配ですね。

 

f:id:imasala:20200202232054j:plain

バックパックを上下逆に接続することで重攻撃モードへ。

ロングライフルの持たせ方がいまいちわからなかったので、固定武装風にしています。

 

また、宇宙用脚部のバーニアを前に持ってくることで、ビームキャノンに見立ててポーズをとっています。

 

…組み替えたり、逆に組み付けるだけでここまで変わるとは…

30MMの高い拡張性の一端が見えたような気がしましたね…(’ω’)

 

終わりに

さて、ちょっと量少なめですが今回のレビューは一旦終了です。

というのも、この記事って一度下書きが消えてしまって書き直したものなんですが、その時点から墨入れしてみたり、オプションパーツで改修を済ませてしまっていたりと、劇的に姿が変わってしまっているのです(’ω’)

 

なので、次回、改修に使用したオプションパーツのレビューをする予定なので、

そこでポージングなどをより追及していこうと思います。

 

…後書きまで長くなりましたが、一言でまとめると

 

30MM…これめちゃくちゃ楽しいです!

 

それではまたお会いしましょう!